ヘルニア腰痛専門治療院│大阪近鉄布施駅より徒歩1分 会社帰りや土日しか時間がない方でも安心夜21時まで  土曜日営業

鼠径ヘルニアについて2

鼠径ヘルニア

足の付け根の鼠径部の皮膚の下に、腹部にあるべき腹膜や腸の一部が出てくる病気を、

鼠径(そけい)ヘルニアと言います。一般的に脱腸と呼ばれています。

 

鼠径ヘルニアの症状

初期症状としては、お腹に力を入れたときや立った時に、鼠径部(足の付け根)の皮膚の下に柔らかい膨らみが出てきます。膨らみは、寝転がったり、指で押さえることで引っ込みます。痛みなどの症状を感じることがないため、気づかない方も多いと思います。

 

ヘルニアの状態が進行して、お腹の突っ張り、鋭い痛みなどを感じることになります。長時間立っている事が辛くなり、生活にも支障が出てきます。

 

さらに悪化すると、脱出した腸が筋肉で締め付けられ、戻らない状態になってしまいます。この状態を嵌頓状態と言います。

嵌頓状態になると、腸の中の食物が流れなくなり腸閉塞を引き起こします。

また、ヘルニア部分の腸には、血液が流れなくなり、壊死を起こすことになります。そうなると命に関わる場合も出てきてしまいます。

嵌頓が起きた場合は、緊急手術が必要となります。壊死がある場合は、腸の切除を行うため、長期の入院治療となります。

 

 

治療・手術方法

鼠径ヘルニアは、自然治癒することはありません。治療葉、手術療法となります。

 

鼠径部手術

・バッシーニ法(昔から行われている方法)

ヘルニア部分を根元で縛り、出ている部分を切り取ります。周りの筋肉やスジを縫い合わせて、ヘルニアの出口にふたをします。無理やり筋肉やスジを寄せるので、鼠径部の痛みや突っ張り感を伴うため、手術のあとに安静が必要です。再発することもあります。

・メッシュ&プラグ法・クーゲル法・ダイレクトクーゲル法(現在主流の手術方法)

近年開発された、人工補強材で穴をふさぐ手術方法です。ヘルニア部分に人工の膜(メッシュ状のプラグ)を張り合わせます。抜糸の必要もなく、再発が起こりにくく、手術の直後から歩けます。軽度の場合は、日帰り手術も可能です

・腹腔鏡手術

腹腔鏡という内視鏡を使って手術します。術後の痛みが少なく早く元の生活に戻れますが、全身の麻酔を行うため、手術にかかる時間が長くなります。

鼠径ヘルニアの手術は難しいものではありません。早めの治療をお勧めします。

 

ヘルニアJP力新堂治療院の院長のプロフィール
ヘルニアJP力新堂治療院の受付時間について
ヘルニアJP力新堂治療院の施術の流れ
ヘルニアJP力新堂治療院のはじめての方へ
ヘルニアJP力新堂治療院のよくある質問
ヘルニアJP力新堂治療院のお客様の喜びの声
ヘルニアJP力新堂治療院の症状について
鈴木式整体ファンクショナルセラピーについて

店舗情報

営業案内

受付時間
10時~13時/15時~21時

定休日
日・祝

電話番号

06-7174-9357

所在地

〒577-0056
東大阪市長堂1-2-20陣内ビル2F

アクセス

近鉄 布施駅から徒歩1分

主な来院地域

ヘルニア治療専門 力新堂治療院には、こんな所からお客さんが来院されています

大阪市

中央区・北区・西区・浪速区・淀川区・平野区・住之江区・鶴見区・城東区・旭区・東成区・福島区・都島区・此花区・生野区・港区・天王寺区・住吉区・東住吉区・西成区・東淀川区・阿倍野区

大阪府

堺市・枚方市・摂津市・八尾市・箕面市・池田市・豊中市・吹田市・守口市・門真市・河内長野市・東大阪市・藤井寺市・茨木市・交野市・狭山市・和泉市・岸和田市・富田林市・泉大津市・高槻市

駅名

本町駅・心斎橋駅・堺筋本町駅・淀屋橋駅・大阪駅・東梅田駅・西大橋駅・北浜駅
この他にも、兵庫県・奈良県・京都府・滋賀県・広島県・岐阜県など遠方からのお客さんも来院されています。

地図

Twitter
facebook

ヘルニアについて

PAGETOP


ヘルニアJPに電話する